英語の「知識」と「スキル」の違いは?

今日は「英語の知識」と「英語のスキル」の話をさせていただきます。

つとむ

この記事を読んで貰えれば、知識とスキルの違いがしっかり理解できます!

英語の「知識とスキル」をわけてみよう

英語の知識
英語のスキル
  1. 文法
  2. 単語
  3. 発音
  1. 聞く
  2. 話す
  3. 読む
  4. 書く
ミンミン

英語の知識は、文法・単語・発音の3つなんだね。

つとむ

文法を知ってる、単語を知ってる、発音を知ってる!
つまり、知ってる=知識です。

ミンミン

英語のスキルは、聞く・話す・読む・書くの4つなんだね。

つとむ

スキルは、知識を使いこなす力なんだ。つまり、英語の知識(文法・単語・発音)を使いこなす力だね!

私達は英語ができないのか?

私達は英語ができない!と言われますが、それは違います。

英語の知識は豊富な方が多いです。

実は、中学で420時間・高校で495時間の英語学習をしてきています。

自分で学習した時間も含めれば1000時間は超えるかもしれません。

ぴより

えええぇぇぇ~ そんなにやってるんだね。

つとむ

はい、だからみんな知識は十分持ってます!

ぴより

たくさん勉強したのに、何で英語が喋れないの?

つとむ

それは、英語のスキル「話す・聞く」を使う練習をしなかったからです。

パラワン留学ではこの「話す・聞く」のスキルを徹底的に磨いていきます。

だから、誰でも英語が話せて聞き取れるようになるのです。

よかったらシェアしてね!