6月から学校を再開いたします!

読売新聞(2022年5月13日)コロナ情報を英語圏で見てみると…

5月13日の読売新聞より

読売新聞で毎日、コロナの情報が掲載されています。

留学先として考えられる代表的な英語圏を抜き出してみました。

追加で『人口と感染率』も加えました↓

スクロールできます
国名人口(2020年)感染者数感染率死者数
米国3億2950万人8222万3174人24.9%99万8997人
英国6722万人2233万8750人33.2%17万7566人
日本1億2580万人826万9156人6.5%2万9975人
オーストラリア2569万人644万9689人25.1%7668人
カナダ3801万人382万2843人10.0%4万23人
フィリピン1億960万人368万7428人3.3%6万439人

感染者数の中にコロナに2回かかった方も含まれていると思いますので、感染率は(感染者数÷人口)を%にした参考数値とお考えください。

表で見ると、アメリカとイギリスは感染者多いですね。

あと、死者数も半端ない感じがします。

オーストラリアは感染率が高いと感じました。

フィリピンは感染率が3.3%と低いように感じました。ただ、死亡者数が若干多い気がします。

やっぱり、日本はコロナ安全国なんじゃなかな!とこの表を見て感じました。

今、世界中にコロナはありますが、できるかぎり感染しないところに居たい(行きたい)ものですね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!