フィリピンの治安「データから導く真実は?」

目次

データから導く真実

よくある質問で「フィリピンは危険」と回答しました。

しかし、「パラワン島のプエルトプリンセサ市は安全です」と回答しました。

学校経営者が自分のエリアは「安全です」と伝えてもいまいち信じられないですよね。

なので、ここでは「信頼できる2つのデータ」をお伝えします。

データ1:NUMBEO 

NUMBEOは、世界中の都市や国々の生活情報を記録する世界最大のデータベースです。下の表は2020年の東南アジアの犯罪指数データです。(6月22日調べ)

上データからフィリピンだけを抜き出して見ると、以下の通りになります。

こちら
ランキング(位)場所犯罪指数
2マニラ64.37
3ケソン(マニラ首都圏)62.69
9セブ51.42
13イロイロ44.70
15マカティ(マニラ首都圏)41.04

フィリピンの主要都市は治安が悪いことがわかります。

マニラの治安は最悪ですし、セブも治安は悪いです。

データ2:フィリピン警察の統計 

2018年1月~7月までの犯罪件数をフィリピン警察が発表したものです。(10万人以上の都市が対象)

犯罪数が多い都市ランキング 

  1. ケソン
  2. マニラ
  3. セブ
  4. マカティ
  5. パシグ
  6. ダギッグ
  7. イロイロ
  8. マンダウエ
  9. パサイ
  10. パラニャケ

この犯罪数ランキングをマニラ近郊の地図で見ると以下のようになります。

マニラは危険とよく聞きますが、地図で見ても確かに危険です。

知らない都市ばかりで、よくわからないかもしれませんが…

また、犯罪数の3位はセブです。セブはリゾートとして有名ですが、犯罪は多いです。

次は「犯罪率」の警察データを見てみましょう。

犯罪率が高い都市ランキング

  1. ナガ
  2. マンダウエ
  3. パサイ
  4. イロイロ
  5. マカティ
  6. マンダルヨン
  7. サンジュアン
  8. マリキナ
  9. ケソン
  10. サンチアゴ

この犯罪率ランキングをマニラ近郊の地図で見ると以下のようになります。

犯罪率もマニラ首都圏は高いですが、犯罪率1位はセブ島のナガ市でした。

ちなみに犯罪率の順位はマニラ市がワースト11位・セブ市は12位です。

「犯罪数、犯罪率」のどちらにもパラワン島のプエルトプリンセサ市がでてきませんでした。

それはそうです「安全です!」と回答したので、プリンセサ市が犯罪数でも犯罪率でも出てくるわけがありません。

なので、発想を変えて「犯罪率の低い都市」を調べてみました。

犯罪率の低い都市ランキング

  1. オロモック
  2. コタバト
  3. プエルトプリンセサ
  4. ダバオ
  5. アンヘレス
  6. オロンガポ
  7. リガン
  8. カラオカン
  9. バターン
  10. バコロド

犯罪率の低い都市の3位にプエルトプリンセサ市を発見!

犯罪率の低い都市3位
  ||
安全な都市3位

つまり、本校のあるプエルトプリンセサは『安全な都市の3位』です。

実は、治安の良さはNo.1です! 

犯罪率の低い都市、

1位のオロモック市と2位のコタバト市には、語学学校はありません。

つまり、語学学校がある人口10万人以上の都市で考えれば、

プエルトプリンセサは治安の良さNo.1です。

最後にあなたにお伝えいたします。

2015年からパラワン留学を始めて6年になりますが…

設立から今現在に至るまで危険な目に遭われた方は一人もおりません。

「受講者の声」にもパラワンの治安について書いてくださった生徒さんがたくさんいます。

よかったら、確認してみてください。

\ クリックしてね /

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる